しっかり準備したい!両家の顔合わせ

最初に押さえておきたい準備ポイント

結婚の報告が終わったら、早めにしたいのが両家の顔合わせです。ポイントを押さえて準備をすることで、無駄なくスムーズな会になるようにしましょう。
まず決めるべきことは、雰囲気をどうするかです。結納のような流れでかっちりとした食事会にするのか、親睦を深める事を目的として和やかな雰囲気の食事会にするかを明確にしましょう。雰囲気が決まったら、場所選びです。雰囲気に合い尚且つ、出来るだけ両家が集まりやすい場所を探しましょう。また、場所選びの際、ポイントになるのが出される料理です。和洋中など、両家の好みに合わせることも必要です。
場所によっては、大皿を取り分けるといった提供の仕方もありますが、顔合わせの際は個別で出てくる方が無難です。

忘れがちなポイントもしっかりと!

次に日程の調整をします。どちらか一方でもお日柄を気にされるようでしたら、早めに予約をしましょう。大安や友引が好まれます。
当日、スムーズに食事会が出来るように、ある程度流れを決めておきましょう。せっかくの顔合わせなので、両家の紹介をする時間を作ったり、記念撮影をする準備をするなどを決めておくと良いでしょう。
最後に重要なのは、費用をどうするかです。最近では、両親を招待するスタイルで、本人たちが負担するケースが多く見られますが、どういったスタイルにするかは、先に決めておくべき事項です。特に、どちらかでも遠方に住んでいる場合、宿泊先の手配等も必要となってくるので、しっかりと費用の捻出先も確認しておく必要があります。

ブライダルリングとは結婚の約束の証として贈るエンゲージリングと、永遠の愛を誓い合う挙式の時に交換するマリッジリングの2つの指輪のことをいいます。

© Copyright Guidance For Married. All Rights Reserved.