結婚指輪!一生大切にしたいデザイン選び

アームのデザインのパターンに注目

婚約指輪と違って、結婚指輪は夫婦が何十年間もはめるものなので、シンプルな見た目のものが多いですよね。デザインの方向性を決めるのは、リングの輪の部分の「アーム」です。結婚指輪の王道はアームがまっすぐのストレートタイプでしょう。指の太さや長さにも個人差がありますが、どんな指にもなじみやすいのがストレートタイプの良さです。S字のようなゆるやかな曲線を描いているデザインはウェーブと呼ばれていて、優美な印象を指先に与えてくれます。女性と相性がいいデザインですね。アームの中央が少しとがっているデザインは、V字やU字などと呼ばれています。結婚指輪にしてはシャープなデザインなので、男性の太い指とも相性がいいんですよ。

結婚指輪にも宝石が必要?

昔は結婚指輪はダイヤモンドを入れていないデザインが多かったのですが、最近の結婚指輪はダイヤモンドで華やかさを出すデザインが多くなっています。ダイヤモンドの有無やセッティングの方法も外見に与える影響が大きいので、よく考えて選ぶようにしましょう。結婚指輪のダイヤは婚約指輪と異なり、立て爪を用いずにアームに埋め込んでいるものが大半です。小さめのメレダイヤを一粒だけアクセントで入れているデザインもあれば、指輪のアーム全体にメレダイヤをぎっしりと敷き詰めた豪華なエタニティリングなど、実にいろんな種類があります。指の腹の部分までメレダイヤがあると不便な人は、外側だけダイヤがあるハーフエタニティがおすすめです。

結婚指輪を銀座で取り扱っているショップでは、品揃えの豊富さに定評のある所も多く、様々な商品をじっくりと比較しながら選べます。

© Copyright Guidance For Married. All Rights Reserved.